脱毛ラボ 沖縄

永久脱毛は痛いのか?

 

脱毛ラボ,沖縄,店舗,那覇店,予約,場所,行き方

 

結論から言うと永久脱毛は少なからず痛いです。レーザー脱毛による永久脱毛の場合でも、色素沈着を起こしている箇所は特に痛みを感じやすいです。脱毛クリニックで脱毛施術を受ける際、医療レーザーでもニードルでもその人の状況や部位によって麻酔を使うことが可能です。しかし、どんな場合でも麻酔が使えるわけではありません。麻酔を使うと痛みを感じないために火傷に気づかない恐れもあるからです。

 

ただ、医療機関であれば麻酔ができるのでまだいいですが、脱毛ラボのような非医療機関で脱毛する場合は麻酔は打てないので、ひたすら痛みに耐えるしかなありません。また、脱毛ラボのような非医療機関では、万が一火傷をしてしまった場合に冷やす以外に治療することができません。

 

脱毛サロンは内装が豪華でキレイだったり、スタッフさんとのやり取りが楽しかったりしますが、痛みを我慢できない方や火傷を負ってしまうことを考えると医療機関で施術を受けた方が良いという見方もできます

 

ちなみに、脱毛ラボのような非医療機関では永久脱毛はできないことになっています。やはり永久脱毛にはそれなりの強い出力が必要になるので、その分火傷のリスクも高くなります。そんな時、先にも述べましたが万が一の場合には、医療機関ではない脱毛サロンでは適切な治療ができません。なので、永久脱毛ができるのは医療機関のみであることが医師法で決められているのです。

 

それから、医療レーザーの広告の中には痛みがほどんどないという表現がなされていることがあります。しかし、日本医学脱毛協会の医師達は永久脱毛は痛いということを前提として捉えています。それは医療レーザー、ニードルのどちらでもです。どちらの脱毛法も痛い理由は皮下3〜4mmの毛包を焼いて、毛が生えてこないようにするからです。

 

医療レーザーでもニードルでも痛くない程度の出力だと毛包を焼くことが出来ないので、永久脱毛の効果が得られないのです。別の言い方をすれば、永久脱毛は痛いからこそ効果があると言えます。痛みの度合いは人それぞれですし、毛深さや肌質にもよるので、日本医学脱毛協会に加盟する病院では麻酔を打つ場合もあります。それは、長い間永久脱毛の研究に向き合ってきた医師の経験によるものです。

 

いずれにしても、永久脱毛は痛いという認識で、痛くない方がいい場合は麻酔を使用してもらうことを医師に任せるというスタンスで施術を受けた方がいいでしょう。

 
ホーム RSS購読 サイトマップ