脱毛ラボ 沖縄

一昔前の医療脱毛とエステ脱毛

 

脱毛ラボ,沖縄,店舗,那覇店,予約,場所,行き方

 

あなたは脱毛をするとき、どこで脱毛したいと考えていますか?雑誌やインターネットの広告には、様々な脱毛エステや脱毛クリニックがあります。その数は一つ二つではないので、どこで脱毛しようか迷ってしまうかもしれません。

 

脱毛エステに通えば肌もきれいになれそうな気もしますが、脱毛クリニックの方が安心なイメージもあります。しかし、実際は脱毛エステと脱毛クリニックとではどんな違いがあるのかわからない人が多いと思います。そこで、判断材料の一つとして、これらは医療機関と非医療機関の2つに分別することができます。

 

医療機関では、医師免許を持った医師と看護師免許を持ったスタッフが脱毛施術を行っています。それに対して、非医療機関のスタッフは無資格で脱毛施術を行っています。永久脱毛には医療レーザー脱毛と電気脱毛(ニードル脱毛)の二つしかありません。この二つ共に皮下の毛包にダメージを与えて脱毛する方法です。

 

医療レーザー脱毛は非接触の光を毛包に当てて脱毛する方法で、電気脱毛(ニードル脱毛)は毛包の一つ一つに針を差し込み、通電することによる直接接触の脱毛法です。これら以外に永久脱毛できる方法はありません。

 

しかし、脱毛エステの広告にはスーパープレミアムパラレーザー脱毛やサイバー脱毛、毛根毛球脱毛など、数多くの永久脱毛法があるかのように表現されていた時代がありました。電気脱毛(ニードル脱毛)にはブレンド法と高周波法の2種類がありますが、多くの脱毛エステではブレンド法で施術が行われていました。ブレンド法とは脱毛クリニックで行われている高周波法の約5倍の時間を要して、少しずつ毛包を弱らせていく脱毛法になります。

 

一昔前の脱毛エステでは、そのブレンド法の呼び方を変えたりして独自の脱毛法であるかのように見せかけているような現実がありました。そのような広告を信じきって高額で契約したものの、なかなか脱毛効果が得られないとしてお客さんが日本医学脱毛協会に問い合わせをしてくることも多々ありました。

 

いつの時代でも脱毛を行う前には、脱毛エステと脱毛クリニックとではどんな違いがあるのかしっかり正しい知識を身につけておくことが重要と言えるでしょうね。

 

ちなみに現在の脱毛エステでは、一部電気脱毛(ニードル脱毛)を行っているところもありますが、たいがいは光脱毛(フラッシュ脱毛)が主流となっています。光脱毛(フラッシュ脱毛)は医療レーザー脱毛の出力を抑えたようなものなので、無資格の脱毛エステでも扱えるようになっています。

 
ホーム RSS購読 サイトマップ